« +今日のご飯+ | トップページ | あおの入園前サークル。 »

2012年4月24日 (火)

重い話だと思うので・・・。

重い話だと思うので、閉じます。

昼過ぎに、旦那から電話がかかってきて、
知り合いが亡くなったと聞かされました。
その方・Uさんとおっしゃるのですが、知り合いといっても、年上で、
確か、50歳前半だったかと思います。
でも、早すぎる死。 癌だったそうです。

Uさんは、義父の会社に手伝いに来てくれていた人で、
私も、結婚前、一緒に仕事をした事があるし、
結婚して、ののが生まれてからは、一緒に食事に行ったり、
仲良くさせてもらっていました。
義父と不仲になってしまった事がキッカケで、疎遠になってしまいましたが、
それでも、旦那とは時々電話で話していたようです。
また一緒にご飯でも・・・と話していたのが、
ほんの少し前の事のように思うのですが、もう何年も前の事だったようです。
後悔しても仕方ないけれど、
最後にお会いしたかったという気持ちでいっぱいです。

少し話は変わりますが、また、京都で痛ましい事件が起きました。
無免許運転の18歳の少年が、通学途中の小学生や保護者を車ではね、
保護者の方とお腹の赤ちゃん、そして、小学生の女の子が亡くなりました。
「行ってきまーす!」「行ってらっしゃい!」
そんな会話をした、いつもと同じ朝だったのに、
その数分後に、変わり果てたわが子の姿を見た親御さんの気持ちを思うと、
辛くて、胸が痛くなります。
そして、保護者の方とお腹の赤ちゃんを亡くした親族の方の気持ちを思うと、
本当に辛いです。
今、重体のお子さんに付き添われている親御さん達も、気が気でないでしょう。
早く、目覚めて欲しいと、必死で祈られていると思います。
怪我をされたお子さんの親御さん達は、命は助かったものの、
どのくらいの怪我かわからないので、もしかしたら、傷跡が残るかもしれないし、
何か後遺症が残るかもしれません。
そんな恐怖とこれから闘わないといけないかもしれません。
なぜ、こんな事が起こるのでしょうか?

京都・祇園の事故も、ただ京都に観光に来ただけで、
交通ルールも守っていたのに、信号無視をした車にはねられ、
多くの人の命が無くなりました。

その前には、通学途中にクレーン車が突っ込み、
小学生6人が亡くなった事故もありました。
1年前の事です。

命の事、生きるという事、死という事に、少し考えさせられています。

|

« +今日のご飯+ | トップページ | あおの入園前サークル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« +今日のご飯+ | トップページ | あおの入園前サークル。 »