« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

術後20日目。

今日は、回診の日だったのですが、間に合わず・・・。
先生は、何も言っていなかったようなので、経過は順調なのかな?
今日は、付き添いのお母さんが多かったせいか、
ののは、外に遊びに行く事も無く、部屋でずっとテレビを見ていたので、
私も、いつもよりは遅くまで残りました。

ののは、毎日、耳のガーゼが取れる日を指折り数えて、楽しみにしています。
予定では、9月5日なので、その時が、私も楽しみです。

退院予定まで、後7日。

| | コメント (2)

2011年8月30日 (火)

術後19日目。

昨日の夜も、やはり淋しいと泣いたらしいシン。
昼間も、布団で泣いていたり、わがまま言ったり、手が付けられない状態だったらしい。
不安定になっているんやろうなぁ・・・。
でも、感情を出すシンは、まだ大丈夫。
タクは、マイペースだけど、感情を出さないので、
色々とため込んで我慢しているような気がします。
これが、どこかで爆発しないといいけれど・・・。
そういえば、タクは、1度こちらにいる時に、急にイーッとなって、泣いたんですよね。
タクのメンタル面でのフォローもしてあげないと。

今日は、回診も無いし、お昼前に病院へ。
今日は、髪の毛を洗ってもらっていました。
週に一度しか洗ってもらえないのは、ちょっと可哀想ですが、あと少しの我慢です。
今日は、16時くらいに、病院を出ました。
退院まで、後8日。

| | コメント (0)

2011年8月29日 (月)

術後18日目。

旦那から、昨日の夜、シンが、「淋しい、お母さん。」と泣いていたと聞きました。
お父さん子で、私じゃなくても、お父さんと一緒なら大丈夫と思っていたのに、
そんな風に泣くなんて、驚きました。
早く帰りたいけど、あと少し、皆が頑張らないと。

今日は、あおと2人で病院へ。
ギリギリ回診に間に合いました。
糸が残っていたのか、今日は2カ所抜糸されました。
その後、ののは、大部屋に移ろうか迷っていて、やっぱり移りたいと言うので、
差額5000円のベッドに移動する事に。
「大部屋では、絶対大きな声で騒がない。」と、何度も注意されていました。
私も、ののに言い聞かせ、大部屋へ。
一応、冷蔵庫がついているものの、冷凍庫が無い小さな冷蔵庫。
アイスクリームを置いていたのですが、入らないので、
看護師さん達に食べてもらう事にしました。
トイレも外だし、お風呂も順番に入らないといけないし、
テレビはイヤホンで聞かないといけないし、ちょっと不便だけれど、
本人は、仲良しの子と同じ部屋になって、嬉しそうでした。
親も、1日10000円から5000円と安くなったので、少し、負担が軽くなったし、
後少し、何とか乗り切ろう。
大部屋だと、余計にする事が無く、今日は、14時くらいに病院を出て、
あおと2人で、買い物へ。
イヤホンを2つつなげられる分岐アダプターを買いに行ったり、
晩ご飯を買いに行ったり。
今日は、何も作る気になれず、お惣菜で晩ご飯でした。

退院予定まで、後9日。
待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

術後17日目。

今日は、多めにお昼ご飯用のおにぎりや卵焼きなどを用意して、病院へ。
今日も、ののは、病室にはいなくて、
ご飯の時以外、常にキッズルームで遊んでいるのの。
のの以外、何もする事が無く、旦那と子供達が帰る時間になったので、
駅まで送る事に。
シンが遠くから、「お母さーん!ばいばーい!」と手を振るのを見たら、
ちょっと泣きそうになりましたが、すぐ病院へ戻りました。
病室へ行くと、ののはシャワー浴びた後らしく、
着替えたパジャマだけが残されていました・・・。
誰もいない病室にいても、する事が無いし、
病院を出て、買い物して、あすなろの家に戻ってきました。
あおは、淋しいのか、私にベッタリ。
今まで、お兄ちゃん達と一緒だったのに、突然1人になったら、淋しいよね・・・。

今日の晩ご飯は、簡単にぶっかけそば。
Nec_0016 
作っている途中と食べている時に、旦那とメールのやりとりをしていたのですが、
シンがあおの心配をしていたそう。
お母さんと会う日も気にしていたそう。
お父さん子で、母なんかいなくても、大丈夫そうだったのに、
淋しいと言っていると聞いて、私も、とても淋しくなりました。
とても淋しいけれど、退院まで、頑張ろう。

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

術後16日目。

今朝は、病院に着くと回診が始まっていました。
間に合って、よかった・・・。
消毒の時に、いつもと違う軟膏を塗られ、後で、看護師さんに聞くと、
「赤みがある時に使います。気になる事があれば、院長に聞いてください。」との事。
永田先生、怖いから、直接聞けないんだよ~。と、心の叫び。(笑)
先生からは、「順調です。」と言ってもらえているし、
他のお母さんに聞いてみると、傷が赤い時は使っているそう。
それを聞いて、安心しました。
わからない事があると、不安になります。

今日も、ずーっとキッズルームで遊んでいるのの。
個室の意味が無いし、大部屋に移してもらおうかな?

今日の夕方、旦那が来てくれました。
旦那、ずっと、まともなご飯を食べていないので、晩ご飯を簡単に作りました。
豚肉とキャベツの塩ネギ炒めとたこときゅうりとわかめの酢の物、
タマネギの味噌汁とご飯です。
Nec_0014_2
旦那が、前に、こっちで作った、たこときゅうりの酢の物を見て、
食べたいと思ったらしく、自分で作ったら、全然美味しくなかったとの事だったので、
作っておきました。
喜んでもらえたかな?

明日、旦那とタクとシンは、奈良に帰ります。
ホッとするやら、淋しいやら。
奈良での食生活が心配ですが、頑張ってもらいたいです。

| | コメント (0)

2011年8月26日 (金)

術後15日目。

今朝は、子供達が、なかなか起きなくて、ゆっくりしたスタートになりました。
部屋に、蟻が大量発生していて、それを退治するのが大変でした。
結局、あすなろの家を出たのが、10時くらい。
今日は、違う道を通って、病院へ行ってみました。
ナビに無い道があって、今回の道の方が、時間短縮出来そう。

病院に着くと、ののは、キッズルームで遊んでいて、病室に戻ってこない・・・。
お昼ご飯の時は、戻ってきて、一緒に食べたけど、
食べ終わったら、また出て行って、戻ってこない。
元気なのはいいけれど、病室にののがいないのに、私、何しに行ってるんだか・・・。
あおと2人になったら、洗濯物を取りに行くくらいでいいかなぁ?
喧嘩もあるけれど、入院生活を楽しんでくれているので、よかったです。

帰ろうと思った時に、豪雨で、びしょ濡れになって帰ってきました。
なので、今日の晩ご飯は、またまた出前。
奈良って、出前があまり無いので、ちょっと楽しいかも。
こちらでは、お寿司の出前も4店舗くらいあって、サイドメニューも豊富。
その中で子供用のメニューがあるお店を選びました。
味も美味しかったし、子供達も満足そうでした。

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

術後14日目。

昨夜、体がものすごく熱かったシン。
熱を測ると、38度を超えていて、心配していたのですが、
今朝は、熱も下がっていて、とても元気でした。
何の熱だったのか・・・。
咳や鼻水は出ていないので、疲れて熱が出ているのかなぁ・・・。

今日のののは、バストバンドが取れ、胸の傷のテープも取れました。
なので、今日から、胸から下のシャワーを浴びる事が出来ます。
胸の傷は、まだ残っていたけれど、かさぶたになっているので、
それが取れたら、傷口も綺麗に見えるのかな?
思ったより、結構大きな傷なので、跡が残らないか心配ですが・・・。
今日は、手術日だったので、回診は夕方から。
永田先生&丸山先生ペアの回診は、初めて。
さすが、息のあった消毒とガーゼ交換でした。
抜糸が終わったので、これからは、耳のガーゼが取れるまでは、消毒のみです。
ここまで来たら、後は耳の傷が治るのを待つだけ。
待ち遠しいです。

今日の晩ご飯は、初めて、ピザーラを注文してみました。
奈良の私達が住む地域には、ピザーラが無いんですよね・・・。
ピザ、とても美味しかったです。

| | コメント (4)

2011年8月24日 (水)

術後13日目。

昨日、頭痛と嘔吐のシンは、今日は早起きして元気でした。
このまま体調が悪いなら、旦那に迎えに来てもらおうと思ったけれど、
何とか、次の旦那の休みまでは、大丈夫そうです。
後数日、何とか頑張って、乗り切らないと・・・。

今日、病院は、回診の日。
ののが、「今日は、抜糸無いよな~。」と言っていたのですが、
今日は、残りの抜糸がありました。
突然だったので、びっくりしましたが、今日で抜糸は終了。
後は、傷が治るのを待つだけです。
傷の治りが悪いと、入院が長引くので、気をつけないと。

本人は、すっかり元気で、何でも自分で出来るし、私が病室にいる意味がありません。
私がやっている事といえば、着替えを持って帰ったり、髪の毛をくくり直すくらい・・・。
それでも、誰もいないよりは、私や兄弟がいる方が安心出来るのでしょうけど。

今日の晩ご飯は、プルコギとわかめのスープとご飯。
Nec_0013
すごく安かったオージービーフを買ったのですが、美味しくなかったな・・・。

夕飯後、来年手術予定のお耳ちゃんのお兄ちゃんが来て、
タクとシンは、一緒になって遊んで、楽しそうでした。
ののが入院してから、体を使って遊ぶ事をしていないから、全力で遊んでいたので、
少しはストレス発散になったかな?

| | コメント (0)

2011年8月23日 (火)

術後12日目。

今朝、「頭が痛い。」と泣くシン。
熱は無いし、様子を見ていると、元気になったので、病院へ。
でも、定期的に頭痛がするみたいで、気をつけないとなぁ・・・。

病院では、今日はののは洗髪。
薬も昨日で終わったので、特に何もする事も無く、部屋で過ごしました。
心配していた喧嘩も、無事に仲直り出来たよう・・・。
今日の看護師さんの話では、入院している子達は、
よく喧嘩しては仲直りしているとの事でした。
年が近い子が集まるので、仕方ないかもしれないけれど、
何とかならないものかなぁ・・・。
今回の喧嘩の相手は、中学生だっただけに、ののもちょっと戸惑ったようです。
いつまでも、親は介入出来ないし、ある程度は自分で解決する力もつけていかないと。

昼過ぎから寝ていたシンが、のののシャワーの後、起きたので、
帰る事にしたのですが、やはり、頭が痛いと泣くシン。
薬を買いに行こうと、とりあえず、病院を出て、買い物をした後、
あすなろの家に戻ってきたのですが、ここで号泣。
車から降りると同時に吐きました。
その後、少しマシになったのか、元気になってきましたが、
念のため、買っておいた頭痛薬を飲ませました。
前も吐いたし、この通院生活の疲れが出てきているのでしょうか・・・。
タクとあおは、とても元気なんですけど。
次の日曜日、旦那と一緒に、タクとシンは奈良へ帰るので、
それまであと少し、頑張ってもらいたいです。

どたばたしながらも、今日の晩ご飯は、
ベーコンとしめじとアスパラの和風パスタとキャベツとタマネギのスープでした。
Nec_0012
明日は、シンが元気になっているといいな。

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

術後11日目。

今日も朝から雨。
昨日よりはマシだけれど、やはり肌寒い・・・。
明日は、夏日になるみたいなので、それまでの我慢。

朝食の用意をしていると、同じ病院に入院しているお母さんから、
「娘さん、喧嘩してます?」と聞かれました。
どうやら、入院中の女の子と、ちょっとモメているみたい・・・。
些細な事みたいだけど、ちょっと、ややこしそう。
現場を見ていないし、ののの言い分しか聞いていないので、何とも言えないし。
仲直りしたと聞いていたのに、夕方、あすなろの家に戻ってから、
ののに電話を入れると、泣いていて、仲直り出来ていなかったようだし、
痛い思いをして入院しているのに、退院するまで、楽しく過ごせないものか・・・。
ナースステーションに連絡をしても、喧嘩は日常茶飯事なので、
気にしなくていいとの事。
でも、病院内の入院中の喧嘩なので、もう少し対処してもらいたいんですけどね。
この件は、落ち着いたら、書けるといいな。

今日は、回診の日。
いつものように、消毒とガーゼの交換と、何か取れると聞いていたので、
耳の穴に位置する部分にあるガーゼだけ取るのかと思っていたら、
何と!抜糸の日でした。
作った耳の回りにあったガーゼなのか綿なのかわからないのですが、それを取り、
耳の穴に位置する部分にあるガーゼを取り、耳の上と下の部分の抜糸がありました。
突然の抜糸に驚き、緊張しているのの。
思ったより、痛かったみたいで、何度か動いてしまい、
看護師さんや先生に注意されていました。
何とか、抜糸を終え、ののは鏡を手渡され、
永田先生から、「ほら、見てごらん。感想を言ってみて。」と聞かれ、
ののは、「すごい・・・。」の一言でした。
親の私から見ても、本当に、とても綺麗な耳になっていました。
永田先生いわく、「今が一番弱い時だから、絶対ぶつけたりしないように。」との事。
抜糸後は不安定なのかな・・・。
ののにも、慎重すぎるくらいに注意しておきました。
痛い思いして、頑張ったもんね。 このまま、維持しないとね。
術後 4日間は点滴で、その後は飲み薬だったのですが、それも今日で終わりです。

今日も、いつも通り、ののがシャワーを浴びた後、15時30分くらいに病院を出ました。
買い物を済ませて、あすなろの家に戻ると、
手術予定の方とお会いする事が出来、色々と話をさせてもらいました。
私も手術前は、とても不安で迷ったし、わからない事も多かったので、
今から手術を受けられる方に色んなアドバイスが出来ればと思っています。

今日の晩ご飯は、回鍋肉風炒め物とたことキュウリの酢の物に味噌汁とご飯。
Nec_0011
なぜか、あおが、酢の物ばかり食べていました。
酢の物好きなのかな・・・。

| | コメント (2)

2011年8月21日 (日)

術後10日目。

旦那が来てくれたおかげか、今日は、ぐっすり寝る事が出来、
今朝は、少し寝坊してしまいました。

朝食と昼食の簡単なお弁当を作り、朝食を食べた後は、病院へ。
今日は、昨日よりも、もっと寒い。
半袖、半ズボンでは、かなり寒かったのですが、着替えも無いので我慢する事に。

日曜日なので、病院も、のんびりムード。
今日は、旦那が奈良に帰るので、その前に夕飯の買い物などを済ませ、
戸田公園駅まで、送りました。
シンが一緒に帰ると言うかなぁ・・・と思っていたのですが、
「幼稚園が始まるまで、帰らない。」と言い、
駅に着いたら、お父さんに「また、会おうな!」と何とも力強い言葉で見送っていました。
お父さん子なのに、よく頑張ってくれています。

ののは、もうほとんど痛みも無く、とても元気です。
元気になってくると、退院まで余計に長く感じるけれど、頑張ろう。

今日の晩ご飯は、鶏肉団子と春雨のお鍋。
Nec_0010
肌寒かったので、温かいお鍋が美味しかったです。

| | コメント (2)

2011年8月20日 (土)

術後9日目。

昨夜、旦那が来てくれました。
雨の影響で、新幹線が遅れ、着いたのは23時を過ぎていました。
お疲れ様。

今日は、少し肌寒い1日でした。
まさか、こんなに急に寒くなるなんて・・・。
2、3日後には、暖かくなるみたいなので、それまで、何とか乗り切らなければ・・・。

今日は、午前も午後も外来がある日。
外来が、とても混んでいたので、回診は夕方に。
午前中、ネットで知り合ったお耳ちゃんのママさん、akoさんが、
永田先生を受診されるとの事で、病院に着いた際に声をかけてくださり、
色々とお話させていただきました。
akoさんのお子様は、もうすでに永田先生の所で2回手術を終えていて、
今は、定期的に受診されています。
今回、ののが手術を受ける前、本当に、とても悩み、迷っていた時に、
メールを送らせていただき、色んな事を教えていただき、助けていただきました。
なので、私も、こうやって、手術中の事を色々と書いて、
これから、受けられる方の力になれればいいなと思っています。

夕方の回診の時間になり、旦那は、まだののの手術後の耳を見ていないので、
旦那に部屋に残ってもらい、私は下3人と外で待つ事に。
「綺麗な耳になっていた。」と満足そうでした。

帰る時間が遅くなったので、今日は外食する事にしたのですが、
子供達は、あまり食べないし、ののがいないので、何を食べても美味しくない・・・。
早く、家族揃って、ご飯が食べたいな。

週明けに、耳の中に挟んであるガーゼを取るそうです。

| | コメント (0)

2011年8月19日 (金)

術後8日目。

夜中、「ポケモンの名前、言えたなら~♪」と、シンの歌声で目が覚めると、
まだ、夜中の2時半頃でした・・・sweat02
「まだ、早いから、寝なさい。」と寝かせて、私も寝ると、
今度は、あおがベッドから落ちて、泣いていました・・・。
ベッドに戻し、落ちないように、あおの横で寝た後、6時の目覚ましで目が覚めました。
あまり、寝た気がしませんでした・・・。
でも、今日は、とても元気なシン。
それだけで、本当によかったです。

起きた後、着替えて、洗濯、朝食の用意をしていると、だんだん空が暗くなり、
あすなろの家を出る頃には、豪雨に。
とりあえず、病院へ向かうと、病院の近くは、まだ雨が降っていなくて、
病室へ入り、しばらくすると、雷を伴う豪雨。
早めに来ておいて、よかったです。

今日は、回診は無しなので、のんびり過ごしていたのですが、
途中、ののがタクのDSをやろうとすると、何が気に入らないのか、
タクがキーキーと泣き出し、足もばたつかせ、怒り始めました。
自分のデータが消えるとか何とか・・・。
とにかく、大声で泣くので、かなり、怒りました。
きっと、色んな事を我慢していて、タクは爆発してしまったようです。
でも、皆が我慢して協力しないと行けないことは、
ののが入院する前から、皆で話し合っていた事。
タクの気持ちもわかるけれど、皆で協力しないと、どうする事も出来ません。
今日の夜、旦那が来てくれるので、旦那が帰る日曜日に、
そのまま、旦那と一緒に奈良に帰るように言うものの、それは嫌だと泣くタク。
それなら、本当に帰らないといけない時までは、皆で協力しないと・・・。
大声で泣いて、少しはスッキリしてくれたかな?

お昼ご飯は、おにぎりにソーセージとサラダを作って持って行き、
タク以外、皆でいただきました。
14時には、シーツの交換をしてもらいました。
どれくらいの間隔で交換してくれるのか、わからないのですが、
綺麗なシーツに替えてもらって、少しスッキリしました。

ただ、昨日、洗髪してもらったものの、やはり、頭がかゆいと言うのの。
手術した耳も、かなりかゆいようです。
早く、かゆみがマシになるといいのですが・・・。

今日の晩ご飯は、モツ鍋。
Nec_0009
家にいる時と同じような手抜きご飯を作ってますcoldsweats01

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

術後7日目。

朝起きた時から、少し様子がおかしいシン。
早めに寝たのに、機嫌が悪い。
全然、しゃべらないし、食堂で朝食の用意をしても、飲んだり、食べたりもしない。
途中、「お腹が痛い。」とトイレに行ったけれど、問題無し。
部屋に戻ると、ベッドでゴロゴロし始めて、何となく、吐くような気がして、用意すると、
やはり、吐いてしまいました。
といっても、何も食べたり飲んだりしていないので、胃液が出ているような感じ。
その後、ウトウトしては起きての繰り返し。
旦那とののに電話。
ののには、行くのが遅くなるかもしれないと伝えました。
今日は、お昼に皆で食べようと、おにぎりと卵焼きを作ったのになぁ・・・。
その後、シンは、また嘔吐。
それで、少し楽になったのか、「何か飲みたい。」と言うようになりました。
少し熱もあるようなので、近くのドラッグストアへ行き、ポカリと体温計を買ってきて、
熱を測ると、37.7度。
そんなに高くないので、ポカリを少しずつ飲ませながら、様子見。
飲んで1時間経っても、吐かなかったので、タクに部屋から電話をかける方法を教え、
1人で、ののの病院へ向かう事にしました。

今日は、オペが無く、朝から回診があり、髪の毛を洗ってもらったそう。
一昨日から、頭がかゆいと言っていたので、洗ってもらえてよかったです。
今日、回診があったので、明日は無し。
明日は、ゆっくりめに行く事にしよう。
ののの部屋の片付けなどをした後、あすなろの家へとんぼ返り。
戻ると、汗をかいて、DSをしているシンがいました。
吐き気も無くなり、熱も下がり、とても元気になっていて、一安心。
明日は、皆で病院に行けるな。

誰かが寝込むような事だけは、絶対避けたかったのですが、
まさか、ここにきて、シンが吐くなんて・・・。
病室は、寒いくらい冷えているので、体を冷やしてしまったのかも。
寒い時に、何か羽織る物を用意しておいた方がいのかなぁ?
どうなる事かと思いましたが、何とか大事には至らず、一安心です。
その後、あおが寝ている間に、近くのスーパーへ買い物へ行ったのですが、
帰ってきたら、卵焼きが全部無くなってる!
シンが全部食べて、寝てしまっていました。
食欲も出てきたし、もう大丈夫かな?

それにしても、今日は、本当に焦りました。
後は、退院まで、無事に過ごせますように。

今日の晩ご飯は、つけ麺。
Nec_0008
いつも6人分考えて作るのですが、人数が減っても同じように作ってしまいます。
自炊は難しい・・・。

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

術後6日目。

こちらに来てから、今まで、朝ご飯は菓子パンだったのですが、
今日は、きちんと朝食を作って、食べ、1時間ほど遅めの9時過ぎに病院へ。

回診が始まるアナウンスも無く、いつになるんだろう・・・と待っていると、
突然、師長さんが来て、引き続き、永田先生の奥様が入ってきた後、
永田先生が登場!
回診の準備はしていたのですが、まったりしていたので、大慌てで、
タクとシンを病室から出し、あおは、のののベッドの足下で横になっていました。
術後から、先生の回診の時、あおは、ののの足下で爆睡していたり、
今日みたいに横になっていたり・・・。
先生は、毎回、あおが気になるようで、帰る際に、チラッと見ていたのですが、
今日は、「大丈夫か・・・」みたいな事を言って、病室を後にしました。
落ちそうで、気になるのかなぁ?
その後は、何も無く、病室で、のんびり過ごしました。

私は、こちらに来てから、朝4時や5時に起きて、その後、寝る事が出来ません。
今朝も、4時に起きてから、ごそごそと動いていました。
母親の私しかいないので、それなりに緊張しているようです。
でも、その反動で、病室では、補助ベッドで横になっているのですがcoldsweats01
奈良に帰ったら、グッタリしてしまいそうです・・・。

今日も早めに帰らせてもらい、晩ご飯は、サムギョプサル風のご飯。
Nec_0007
家族の人数が少ないのに、いつもと同じように作ってしまいましたsweat01
奈良に帰ったら、庭でバーベキューがしたいなぁ・・・。

明日、手術日なのに、手術が無いので、朝から回診との事。
明日も早めに病院へ行かないと・・・sweat02

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

術後5日目。

昨日で点滴が終わり、今日から、飲み薬。
朝、看護師さんが持って来てくれたけれど、
昼からは、ナースステーションに取りに来るように言われました。
飲んだ薬の入れ物も、ナースステーションに持って行かないといけないとの事。
勝手に捨ててはダメみたいです。

今日は、回診も無く、何も無い日。
師長さんに聞くと、月・水は、10時から回診。
木・金は、どちらかに夕方から回診あり。
土曜日は外来日なので、10時から回診したいけれど、変更もあり。との事でした。
ののは、とても元気になり、入院中の友達に誘われ、キッズルームでゲームをしたり、
2回ほど、部屋を出て、遊んだりしていたのですが、
ののがいない病室に、私と兄弟だけ・・・。
笑うと胸が痛いけれど、それ以外は、スムーズに動けるようになり、
私達は、病室にいても、する事が無い・・・。
手術後、淋しいと泣いていたのが嘘のように、あまり淋しそうでも無いので、
ののやタク達と話して、これからは、病院にいる時間を短くさせてもらう事に。

なので、今日は早めに病院を出て、食材を買い込み、
こちらへ来て、初めて晩ご飯を作りました。
と言っても、簡単に海老と野菜の醤油焼きそばですけどcoldsweats01
Nec_0006
お惣菜続きだったので、こんな簡単なご飯でも、とても美味しかった。
これからは、なるべく料理も作るつもりです。

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

術後4日目。

今まで、胸の傷をかばって歩いていたのが、
今日は、少しだけ、まっすぐ立てるようになってきました。
すごく元気で、笑うと胸が痛いそうだけど、食欲もすごくあるし、順調に回復しています。

今日は、午前に永田先生の回診。
耳の消毒とガーゼの交換でした。
先生からは、「順調です。」と一言。

今日で、抗生剤の点滴が終わり、明日から、飲み薬になるとの事。
夕方の点滴の後に、針を抜いてもらい、下半身のシャワーがOKになったので、
下半身だけシャワーをして、後はタオルで拭きました。
頭がかゆいみたいだけど、週に1回、看護師さんが洗ってくださるみたいなので、
もう少し我慢です。

今までは、朝早めに病院へ行き、夕方も遅めに残っていましたが、
元気になってきたので、昨日くらいから、少し早めに帰らせてもらう事に。
ののの入院生活も大切ですが、下3人の生活リズムも大切なので・・・。
それに、私達が帰った後、お友達と一緒にウノしたり、色々遊んだりしているよう。
楽しいのはわかるし、淋しい思いをするよりはいいんですが、
まだ、入院して間もないのに、少し羽目を外しているような感じなので、
夜、電話をで注意をしました。
どんなに楽しくても、ちゃんとルールは守らないと・・・。

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

術後3日目。

朝から病院へ行くと、朝食を食べ終えたののが、テレビを見ていました。
今日は、日曜日なので、朝はアニメ三昧。
ちびっこ達も、おとなしく見ていてくれました。

日曜日だからか、なぜか病棟は静かめ。
お盆休みというのもあるのかなぁ?

日曜日だから、回診は無いけど、後は昨日と同じような感じで、
検温や点滴がありました。
ののは、よく動いて、キッズルームにある本を何冊も読んでいました。
まだ、動きはぎこちないと本人は言うけれど、1日目に比べたら、断然元気!
本当に後は回復するだけやもんね。

一昨日と今日、翌日退院予定の子達から、お菓子をいただきました。
ここでは、退院する時に、入院中の子1人1人にお菓子を配るようです。
個別の袋に数種類のお菓子がいくつか入っていました。
うちも、退院の時に渡すので、もらうお菓子を参考にしておこうっと。

ちょっと話はそれますが、看護師さんとも話していたのですが、
永田先生の近くやあすなろの家の近くは、すごく自転車が多いです。
それで、残念ながら、マナーも悪い・・・。
信号無視や急な飛び出し、車道の真ん中も平気で走るし、
自転車に乗りながら、ペットボトルを投げ捨てているのも見かけました。
車を運転しているので、自転車を見ると、ヒヤヒヤします。
とにかく、事故らないように気をつけないといけないのと、
もう少し、自転車のマナーを何とかして欲しいなぁ・・・。

手術が無事に終わり、ののが元気になってきた今、
退院まで、何も起こらず、無事に過ごせる事を願うばかりです。

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

術後2日目。

今朝、いつもと同じように9時までには、病院へ。

昨日と全然違うののがいました。
とても元気だし、よく笑う。
本人も、「今日は、すごい楽。」との事。
昨日の夜に、痛み止めの座薬を入れてもらい、ぐっすり眠れたよう。
入院中のお母さん方に、「1日目が大変だけど、2日目には楽になるよ。」
と教えてもらい、永田先生の奥様からは、
「痛いのは1日目の午前中で、これを乗り越えたら、峠は越えたと思っていいですよ。」
と教えてもらっていました。
本当に、その通り。
これで、次回の手術は、オロオロせずに乗り越えられそうです。

食欲も出てきたのか、ゴミ箱にはゼリーの容器2個と、
小さなアイスクリームの袋が捨てられていました。
昨日、ぶどうをいただいたので、ののに持って行ったのですが、
お昼ご飯の前に、食べてしまうほど・・・。
食欲が出てきたのは、ありがたいけど、
入院中に太らないか心配になってしまいました。(笑)

朝の検温と血圧測定で、師長さんから、
「とてもしっかりしているから、付き添いに来なくてもいいんじゃないですか?」
と言われました。
でも、ののは、今日は泣きはしなかったものの、やはり、淋しいみたいで、
何もしなくていいから、そばにいて欲しいとの事。
自分から、「来なくていい。」と言うまでは、付き添ってあげようと思っています。

朝、突然、永田先生の回診が始まりました。
土曜日は、午前診と午後診があるので、外来の都合で回診が始まるとの事。
ののは、髪の毛が乱れていて、永田先生、ちょっと怒り気味。
勢いで、髪の毛を切られないかヒヤヒヤしました。
今、頭にネットをかぶっているのですが、
回診前は、それを取って、髪の毛をくくり直さないといけないのが、
突然、回診が決まったので、手が回らなかったよう。
次の回診からは、気づいたら、私がやっておこうと思います。
胸の傷は、今までガーゼでしたが、今日からテープに変わりました。
早いな~。 まだ傷跡は、しっかり残っているけれど、目立たなくなるといいな。

今日は、朝の検温と血圧測定、点滴、回診、午後の点滴、
体を拭いてもらって着替え、午後の検温と血圧測定で終わり。
痛み止めは、一度も使いませんでした。
明日は、もっと元気になっているんだろうな。

今日は、特にする事も無く、割とのんびりした時間が過ぎました。
タクとシンとあおは、そろそろ暇になってきたみたいで、
シンは、「帰ろう。」を連発し、あおは、とうとうひどくぐずるようになってきました。
何とか、乗り切ろうと思います。

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

術後1日目。

今日が、手術後、一番痛い日になると聞いていたので、
昨日と同じくらいの時間に病院へ。

病院へ着くと、看護師さんが、
「飲み物が無かったんですよ。水は少し飲みましたが、何かをゴクゴクと飲んだわけではありません。」との事。
確か、冷蔵庫に飲み物は入れておいたはずだったのですが、
飲みかけの物は、どれが誰のかわからず、旦那が全て捨ててしまったよう・・・。
術後すぐは、飲み物は飲めないと聞いていたので、
飲み物の事は気にかけていませんでした。
これは、失敗。
次回は、ちゃんと用意しておこう。

病室へ行くと、昨日の術後とはうってかわって、
全く別人のような、とても不機嫌な顔をしたののがいました。
とても痛いから、そんな表情になっているのはわかるのですが、
「痛い?」と聞くと、「痛い・・・。」と答えるのの。
「痛い。痛い。」と泣いてくれれば、よしよしとなぐさめてあげられるのですが、
1人で痛みに向き合い、1人で頑張っているののを見て、
どう接していいのかわかりませんでした。
その後、痛みからか、ポロポロと涙を流し出したのの。
「痛いの?」と聞くと、うんうんと首を縦にふるのの。
こんなに痛い思いをさせてしまい、また、申し訳ない気持ちになり、
一緒になって、泣いてしまいました。
何をしてあげたらいいのかわからず、足をもんであけたり・・・。
「入院しているお友達みたいに、すぐ痛くなくなって、元気になるから、頑張ろう。」
と励ますと、落ち着いたようでした。

その後、永田先生の奥様が病室の担当で、検温、血圧測定に来てくれました。
その時、手伝おうとすると、「自分で出来るから、自分でやらせてください。」との事。
痛いけれど、自分で動いた方が回復も早いし、自分自身が楽になると言われ、
見守る事に。
「じっとしていると痛いから、歩いた方が痛みは楽になるよ。」と言われ、
病室の外にあるトイレまで歩いて行く事に。
この時、ベッドから起き上がるのを、私が手伝い、手をつないで、トイレへ。
やはり、歩いた方が楽になるらしく、その後、少し笑顔が出てきました。
辛くなると歩くの繰り返しで、12時頃、
丸山先生が胸に入ったままのドレーンを抜きにきてくれました。
ちゃんと、見えなかったのですが、胸の傷は、きれいだったと思います。
どうやって抜くのかと思っていたら、「はい、抜くよ~。」とズルッと一気に引き抜き、
ののは、一瞬驚いたようでしたが、痛みは無かったようです。
関西出身の丸山先生は、ちょっとローカルな話をして、
あおを泣かせて病室を後にしました。(笑)

ドレーンを抜くと、少し楽になったらしく、
昼食は、おかず2品とご飯を4分の1を食べる事が出来ました。
その後、痛み止めが切れてきたのか、
痛がるようになり、痛み止めをもらいに行きました。
すでに、座薬を3回くらい使ったらしく、今回は飲み薬にしましょうとの事。
座薬は寝る前に使ってもらえるようです。

その後、傷口が痛いのか、急に泣き出しました。
「痛いの?」と聞くと、「痛い。」とのの。
「痛くて、泣いてるの?」と聞くと、首を縦に振るのの。
でも、それだけじゃないと思い、聞くのが怖かったけれど、
「手術した事、後悔してるの?」と聞くと、首を横に振るのですが、
泣いてる理由がわからずに、「ちゃんと言ってくれないと、わからないよ。」と言うと、
「夜、1人になるのが、淋しい。」との事。
今日は、旦那も1人で奈良へ帰る事になっていて、
「お父さんも、今日から奈良で1人やから、皆で頑張ろう。」と励すと、
それまで、ベッドから起き上がるのを、私が手伝っていて、
「お母さん帰ったら、誰に起き上がるのを手伝ってもらったらいいの?」と聞くので、
ナースステーションに、その旨、伝えに行くと、
「もう、そろそろ自分で起き上がれますよ。お父さんやお母さんがいると、頼ってしまうんだけど、自分で、どうやって起きたら痛くないとか、自分でやっていかないとわからないので、手伝わないで、自分でやらせてみてください。」との事。
それを聞いた時、ののは、淋しさと痛みから、甘えてるんだという事に気づきました。
こんな時だから、甘やかしてあげたいし、親が出来る事は、やってあげたいけど、
自分のためにならないのならと、病室へ戻り、
「もう、これくらいだと、皆自分で起きて、歩くんやって。自分でやらないと、どうやったら痛くないかわからないし、いつまでたっても、自分で起き上がれないし、ちょっと、自分で頑張ってみよう。どうしても、痛かったら、手伝うから。」と伝えると、
その時から、自分で起き上がる練習を始め、自分でベッドから降りて、
1人で廊下を歩けるようになりました。
その後、飲んだ痛み止めの薬が効いたからか、ウトウト寝始めたのの。
ちょうど、その時に点滴の時間で、永田先生の奥様が来て、
「自分で出来るようになりましたね。」と褒めていただきました。
その時に、色々と育児の話や永田先生の話、手術の事を教えていただきました。
永田先生の所で手術した人は、術後が、かなり、楽なようです。
他の病院だと、術後翌日から、歩いたり、飲んだり、食べたり出来なくて、
しかも、痛みは1週間くらい続くとの事。
永田先生は、手術前の麻酔から痛み止めを使うので、
麻酔から覚めても、傷が痛まないそうです。
これは、外国の方法らしいです。
そういえば、義父が手術した時、麻酔が切れた時は、すごく痛がっていたのに、
元気だったののを見て、不思議に思ったのですが、
そういう事だったのかと理解しました。
私は、本当に永田先生にお願いして、よかったと思いました。

夕方の回診の時間が近づいてきたのですが、
旦那は新幹線の時間が近づいてきたので、回診を見る事なく、病院を後にしました。
今まで、家族がバラバラになる事が無かったので、
旦那とののは泣きながら、話していました。
お父さん大好きっ子なシンも泣き出し、
今から、私1人なんだと思うと、しっかりしなければという思いと、
少しプレッシャーを感じました。

その後、回診。
術後のののの耳を見せていただき、まだ腫れているものの、
とてもきれいな耳が出来ていました。
先生から、「順調ですね。」と言っていただき、ほっと一安心。
ののにも、「すごくきれいな耳が出来てたよ。」と伝えました。
その後、雷と豪雨で、なかなか外に出られなかったのですが、
小雨になったので、帰る事に。
ののは、淋しさから、またまた泣き出しました。
まさか、こんなに1人になる事に、淋しいと言われるとは思っていませんでした。
きっと、術後の痛みが余計に心細くさせているのかもしれません。
部屋に戻ってから、何度か電話を入れ、明日も早めに行くからと伝えると、
少し安心したようでした。
夜、旦那からも、無事に奈良に着いたと連絡が入り、一安心。
旦那も、ののに電話を入れてくれていました。

とりあえず、一番大変な1日が終わりました。
まだ、術後1日目。
先は長いし、皆で頑張らないと。

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

手術当日。

一昨日の寝不足のおかげ?か、
今朝は、4時半くらいまで、ぐっすり眠る事が出来ました。
泣きすぎて、目は、ぱんぱんに腫れていましたが・・・。
6時前から身支度の用意をして、洗濯を終わらせてから、病院へ向かいました。

病院へ着くと、病室にののがいない!
女の子の大部屋にいたようです。 思ったより、元気そうで安心しました。
昨夜、気にかけてくださった看護師さんが、
「そうなると思っていたのですが、お母さん達が帰られた後、5分後には、笑っていて、「楽しい~!」と楽しんでいましたよ。」との事。
手術前日の夜を、楽しく過ごしてくれて、本当によかったです。
その後、手術着に着替え、穴が開いているハイソックスのような靴下を履き、
T字帯を付けて、9時に呼ばれたので、手術室へ向かいました。
手術室までは、旦那と私が付き添い、下3人は部屋で留守番。
途中、先に入院しているお友達や親御さん達から、
「頑張って。」と声をかけていただきました。
手術室に着くと、永田先生や他にも看護師さんや先生と思われる人達がいて、
永田先生から、「夕方まで、かかりますので、部屋でお待ちください。(ののに向かって)ほら、行ってきますって。」と声をかけていただき、
ののは、照れくさそうに手術室に入っていきました。

そこから待つ事、6時間40分後の15時40分。
ようやく、ののに会う事が出来ました。
看護師長さんの話では、「今、興奮しているようで、よくしゃべっています。いや~、とても、しっかりしてますね。手術後、麻酔の先生が、「じゃあ、お大事に。」と声をかけると、「はい、ありがとうございました。」と、ニコッとニコ付きで挨拶していましたよ。」との事。
ののなりに、頑張ったのかな?
ののは、ボーッとしているようでしたが、
「大丈夫?」と声をかけると、「大丈夫やで。」と答えてくれ、
「痛い?」と聞くと、「痛くない。」と、しっかり答えられる様子。
タク、シン、あおを見ると、笑顔で手を振る余裕さえありました。
入院中の女の子達もお見舞いに来てくれ、手を振っていました。

その後は、ウトウトしては起きての繰り返し。
最初、手を握っていたのですが、途中、何度か強く握り返してきて、
やはり、不安だったのかなと思いました。
その後、私は寝ているののを見て、よく頑張ったという思いから、
涙がこぼれてきて、また号泣。
色んな思いがこみ上げてきて、泣いてしまいました。
旦那も、ののの手を握ると、泣いていました。
本当に、今回は、よく頑張ってくれました。

ののは、起きる度に、「のどが渇いた。」 「トイレ、行かれへんの?」 「明日の朝まで、何も食べたり飲んだり、出来ひんの?」 「明日の朝、自分で歩いて病室行くの?」 「暑いから、クーラーの温度下げて。」などなど、本当によくしゃべっていました。
その後、1時間くらい、眠った後、「目が覚めた。」と言って、
手術室の事を話してくれました。
「麻酔の時、目が回ったわ。手術室に入ってすぐ、ベッドに寝て、「麻酔しますよ。」って言われて、2回注射されたら、もう寝てた。起きたら、終わってた。」と。
永田先生が、「寝てる間に終わるからね。1秒で終わったように思うよ。」と、
手術前に説明してくださっていたので、ののは、本当にその通りだったと思ったようです。
「目が覚めた。」と言っていたものの、
麻酔は切れていないので、またウトウトしていました。

先生から、術後に簡単な説明があり、特に何も言われなかったので、
予定通り、終わったのかな?
無事に手術が終わったので、旦那も私も、少しだけ気が抜けた状態に・・・。
看護師さんから、「このままの状態(寝ては起きての繰り返し)が、明日の朝まで続くので、いつ帰ってくださっても、いいですよ。」と言っていただいたので、
今日は少し早めに帰る事にしました。

帰る前に、タクやシン、あおを連れて行くと、あおの手を触り、シンと握手。
タクは、ののの痛々しい姿が嫌なのか、近くに行こうともせず、
少し遠くから、手を振っていました。
この頃、ののは、「少し胸が痛い。」と言っていました。
明日が一番痛いみたいなので、明日も早めに病院へ行く予定です。

とりあえず、無事に終わったので、一安心です。

※追記
ののの手術の写真が見られます。
術中の写真もあるので、血など苦手な方は、ご遠慮ください。
8月11日 1回目手術

| | コメント (10)

2011年8月10日 (水)

入院当日。

今日は、ののの入院の日。 
私は、色んな事を考えていると、昨日、ほとんど寝られませんでした。
眠れず布団に入ったまま朝5時半。 やっと起き出し、身支度の用意。
その後、旦那も子供達も起きて、朝食を食べた後、10時前に病院へ到着。
レントゲン写真や手術同意書、同意書、寄付金を提出し、病室へ。
個室へ行きました。
パジャマやパスタオルなど、預ける物を用意していると、扉をノックする音が・・・。
出ると、先に入院している女の子2人が、
手紙とプロフィール帳の紙を持って来てくれていました。
励ましの言葉や友達になろうと書かれてあって、心強く思ったのと、
手術しても、数日すれば、こんなに元気になるんだと少し安心しました。

お昼に、病院から昼食。
焼き魚などの和食で、思うより、バランスも悪くなく一安心。
15時に、手術のための散髪があるので、
それまでに、買い忘れた物を買いにスーパーへ。
買い物を済ませ、昼食を済ませた後、病院へ戻り、散髪。
頭のほぽ半分を剃られてしまい、とても気にしているよう・・・。

その後、ちびっこ達がぐずり出したので、
個室なら、1日1000円で、補助ベッドを借りる事が出来るので、借りる事にしました。
早起きで疲れていた旦那や子供達は、補助ベッドで昼寝。
私も、昨日ほとんど眠れなかったので、ののの横で寝かせてもらいました。

その後、16時に夕飯が運ばれてきましたwobbly
どれだけ、早いのsign02と思いつつ、お昼を完食していたののは、
全くお腹が空いていなくて、ベッドから出て動いてもいないし、食べられないよね・・・。
結局、18時くらいに食べると言うので、その後もベッドでのんびり過ごしていたら、
旦那のもう1人の妹がお見舞いに来てくれました。
現在、関東在住のもう1人義妹。
義父から頼まれたのもあり、わざわざ、来てくれたそうです。

色々と色んな話をした後、義妹が帰り、
ののは夕飯を食べ、手術前最後のお風呂に入ると、
「お母さん、やっぱり、泊まっていって。」と軽い感じで言い出しました。
泊まる用意もしていないし、そんなに深刻な感じでもなく、
今から帰って用意をする時間を考え、面会時間を考えると、無理っぽいので、
それを伝えると、「わかった。」と、これまた軽く答えるのですが、
何となく気になったので、「どうしても、泊まってほしいなら、泊まるけど、
洗濯もしないといけないし、頑張れるなら、頑張ってくれる?」と聞くと、
「わかった。」と言うのですが、突然、大粒の涙を流して、泣き出してしまいました。
突然の事に、私も泣けてきて、2人で号泣。
「手術が怖いの?手術の後の痛いのが怖いの?」と聞くと、「両方。」と、のの。
私は、「ごめんな。小耳症でごめんな。」と謝って、泣くばかり。
そんな時に、夜勤の看護師さんが来て、
食べた食事の量や尿・便の回数を聞きに来ました。
親子で泣いている姿を見て、ののを励ましてくれる看護師さん。
その後、落ちついたように見え、「大丈夫。」と言うので、帰る事に。

お母さんは泣いている、ののも泣いている、その光景を見て、雰囲気を感じた下3人。
ののを心配そうに見ていました。

結局、帰る事にしたものの、帰りの車の中では、旦那と一緒に泣きました。
耳の事だけでなく、色んな事を我慢させてしまっただろうし、頼りにもしていました。
改めて、その事を悔いて、反省しました。
心配になって、持たせている携帯電話に電話をすると、「大丈夫。」とのの。
泣きながら強がる姿に、「いつでも、寂しかったら、連絡しておいで。」と言い、
電話を切りました。
その後も、気になったので、電話をかけるものの、出ない。
心配になったので、病院へ電話。
夜勤の看護師さんが出て、「今、お友達と一緒にウノをしていますよ。ご心配なく。」
との事。
看護師さんが、泣いているののを気遣い、他の子達がカードゲームをするとわかり、
声をかけてくださったようです。
最後は、笑い話のようで、ホッとしましたが、本当に色んな事を反省し、後悔しました。
しっかりしてきて、頼りになるとはいえ、まだ10歳の子供。
小さな体に、大きな不安を背負って、心細かったんだと思います。
ずっと、不安や心細さを出さなくて、私も気づいてあげられなくて、可哀想な事をしました。
今回の手術、ののにとって、家族にとって、何か意味がある事なんだと思っています。

いよいよ、明日は手術です。
永田先生の腕を信じて、祈るばかりです。

| | コメント (4)

2011年8月 9日 (火)

入院前日。

今日は、朝7時過ぎに家を出て、埼玉県へ向かいましたrvcar
今までは、診察を受けるためだったので、時間に追われているような感じでしたが、
今回は、宿泊施設に行くだけなので、ゆっくりと何度か休憩を取りながらだったので、
そんなにしんどいと思う事なく、埼玉に着く事が出来ましたconfident

宿泊施設は、「あすなろの家」です。
介護者用の滞在施設で、金銭的に、とても安いので、こちらに決めました。
何もかも揃っていて、着替えと歯みがきセットさえ持って行けば、
洗濯機も洗剤もお風呂道具なども全て揃っています。
施設に到着したのは、16時頃。
担当の方に、説明を聞き、部屋で少しのんびり過ごした後、
病院までの道を把握するために、車を走らせた後は、買い物へ。
こちらの節電には、本当にびっくり。
全体的に暗いので、最初、お店が閉まっているのかと思ったほどでした。
関西もそうですが、関東は、関西以上に、かなりの節電が必須なのかも。

いよいよ、明日は入院です。
シンが、少し不安定なので、とりあえず、しばらく様子を見て、ダメそうなら、
奈良に連れて帰ってもらおうと思いますdespair

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

思い。

いよいよ明日、埼玉県へ出発します。

ののの小耳症の手術を前にして、親として、思う所は色々あります。
普通の耳に生んであげられなかった事を、申し訳なく思いますし、
しなくていい、痛い思いをしないといけない事も、申し訳ないです。

手術を前にして、こんな事を言っても、しょうがないのかもしれませんが、
健康な体に傷をつけて、手術をして良いのだろうか・・・とか、
見た目だけの問題で、今のままでもいいんじゃないのか・・・とか、
親としては、気持ちは揺れています。
手術を受けたら受けたで、ずっと、年に1回は受診しないといけないし、
作った耳を維持出来るように、気を付けていかないといけないし・・・。
今のままなら、見た目は気になるけれど、作った耳ではないので、
特に気にする事も無いだろうし・・・。
でも、今のままなら、マスクは普通に出来ないし、眼鏡も普通にかけられない。
そんな不便はあります。

のの本人も、ここ数年、気持ちは揺れたようで、
「手術しない。」と言ったと思えば、「やっぱり、手術する。」の繰り返しでした。
今では、「痛いのは怖いし、緊張するけど、頑張る。」と言ってくれています。
今までも、耳を気にする事なく、髪の毛をくくったり、普通にしてきました。
親である旦那も私も、小耳症を隠す事はしませんでした。
でも、やっぱり、皆と同じ綺麗な形の耳の方が、堂々と出来るよね。
今まで決して、家族の中で、小耳症の耳の事を気にした発言をした事はありません。
だからか、ののも、特に気にする事無く、過ごしてくれていましたが、
本心は、わかりません。

とりあえず、明日から、家族で頑張ってこようと思っています。
この選択は、間違いではないという事を信じて。

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

工作教室。

今日は、家を建ててもらった建築会社さんで、工作教室があったので、
参加させてもらいましたcoldsweats01
今年は、ティッシュカバーでした。
002
003
ののもタクもシンも、手伝ってもらいながら、釘を打ったり、のこぎりで切ったり・・・。
あおだけは、全部作っていただきましたbleah
工作教室のおかげで、夏休みの宿題が無事に終了good
あおが小学校を卒業するまで、工作教室、よろしくお願いしますsmile

かき氷やお茶まで、ごちそうになり、ありがとうございましたconfident

| | コメント (2)

+今日のご飯+

004
・海老とツナのトマトソースパスタ


たった、これだけの晩ご飯・・・sweat02
ごめんよ~despair

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

脂漏性湿疹。

少し前から、顎の赤みが気になっていたものの、
そんなに酷くなる事は無かったし、あまり気にしていなかったですが、
昨日の朝、口の周りがかなり赤くなっていて、症状が酷くなっていました。
1日様子を見たけど、全く良くならず・・・。
旦那から、「病院に行った方がいい。」と言われ、皮膚科を受診してきました。
診察の結果、脂漏性湿疹ともう1つ何か言われたのですが、よくわからず・・・。
脂漏性湿疹って、赤ちゃんがなるんじゃなかったのsign02と思いつつ、
先生からは、「最近、何かストレスになるような事がありましたか?」と聞かれました。
ののの手術があるからか、今月に入ってから、夜何時に寝ても、
朝だと思って起きると、夜中の2時半くらいに目が覚めて、
そこから、眠るものの、1時間おきに起きたりしています。
それも、原因の一つなのかなぁ・・・despair
「治るのに、かなり時間がかかります。」と言われましたcrying
困ったなぁsweat02
しばらくは、薬を飲んで、塗り薬を塗って、様子を見る事に。
この薬が効いてくれるといいんだけど・・・。

| | コメント (0)

+今日のご飯+

002
・肉ネギざるそば
・五分づき米


落ち着かない日々なので、ご飯を作る気にもなれないし、メニューも思いつかず・・・。
旦那だけは、ご飯も食べましたが、
家にこもりっきりの子供達は、体を動かしていないので、
食欲はあまり無く、そばだけでしたcoldsweats02

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

耳鼻科受診。

今日は、シンとあおを連れて、耳鼻科受診。
2人とも、鼻水も出ていないし、鼓膜の状態も良いし、薬も無しになりました。
やっとだわ・・・。
中耳炎になると、本当に長く通院しないといけないので、大変sweat01
病院のお盆休み明けに、また来てくださいと言われたけど、
埼玉に行くから行けないし、その旨伝えて、帰ってきて、調子が悪くなったら行く事に。
もう、中耳炎になりませんように・・・。

私も、鼻の奥の腫れた感じはなくなり、耳の詰まった感じもなくなりました。
花粉症だから、何かのアレルギー反応だったのかも。
とりあえず、通院が終わって、一安心です。

| | コメント (0)

+今日のご飯+

001
・海老と野菜のパスタグラタン
・キャベツと玉ねぎのスープ


久々にグラタンが食べたくなったので、作りました。
最近、落ち着かないので、ご飯も適当になりがちです・・・。

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

おたふく予防接種と抜糸。

今日は、小児科を予約して、シンとあおのおたふく風邪の予防接種。
かかりつけの小児科は、予防接種だけの時間枠があるのですが、
かなり先まで、いっぱいで、普通の診察時間内に受ける事に。
埼玉県に行くまでに、受けておきたかったんですよね・・・。
旦那が連れて行ってくれたのですが、2人とも泣かなかったそう。
強くなったなぁcoldsweats01

その後は、タクを連れて、おでこのホッチキスを取ってもらうために、病院へ。
抜糸というのか、よくわからないけど、
先生がペンチのような物で、取っていたのですが、
じっと動かず、泣きもせずのタクに、看護師さんが、
「ボク、偉いね~。」と声をかけてくれました。(笑)
本人は、「注射よりは痛くなかった。」との事。
これで、通院も終わりました。
埼玉に行くまでに終わって、本当によかったよ・・・。

| | コメント (0)

2011年8月 3日 (水)

日本脳炎予防接種。

今日は、タクの日本脳炎の2回目の予防接種でした。
来年、追加を受けたら、これで予防接種は、終了です。

| | コメント (0)

+今日のご飯+

003
・手巻き寿司
・わかめの味噌汁


シンが、「お寿司が食べたい」と言うので、手巻き寿司に。

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

神頼み。

今日、旦那は休みを取っていたので、家族で、お参りに行ってきました。

まずは、子供達がお宮参りや七五三でお参りしている地元の神社へ行き、
ののが、小耳症の手術を受けるまで、皆、風邪をひく事無く、元気に過ごして、
無事に手術を受ける事が出来、術後の痛みも、あまり痛まないように・・・と、
お願いし、その後、病気に効くという『薬師寺』というお寺に行ってきました。
001
002
ここでは、お守りを買ったり、絵馬を書いたり。
結構、広かったので、お散歩がわりにもなりました。
私は、昨日の疲れからか、とても、しんどくなって、歩く事も辛かったのですが、
何とか、回復。
その後、入院時の買い物へ行きました。

手術の事が気になって、疲れているのに、ぐっすり眠れません。
早く、無事に手術が終わってくれる事を祈るばかりです。

| | コメント (4)

2011年8月 1日 (月)

1回目手術前検査。

今日は、ののの小耳症手術の術前検査へ、
永田小耳症形成外科クリニックへ行ってきましたhospital
本当は、ののと2人で電車で行く予定だったのですが、
なんとなく不安だったので、家族で車で行く事にrvcar
昨年同様、朝5時過ぎに家を出ました。
途中、東名高速道路で、通行止めがあり、仕方なく、下道で回避・・・。
ものすごく、混んでいて、約1時間のロス。
病院に着いたのは、12時30分。
何とか、検査には間に合いました。

今日は、耳の写真を撮り、その後、先生から簡単な説明の後、
「胸のレントゲンを撮って、フィルムをもらってきてください。
時々、ディスクをもらってくる人がいるんだけど、フィルムね、そう、写真。」
と言われ、ビックリ。
肋骨の軟骨を採取し、耳の軟骨を形成するので、レントゲンが必要らしいのですが、
耳の手術以外の手間は、自分達でやらないといけないんだと驚きました。
病気ではないし、それくらいは、自分でしないといけないのかなsign02
来週の入院までに、間に合わせないとsweat01

先生の話の後は、身長体重測定、心電図、血液検査をしてもらい、
その後、入院の説明。
最後に、病室を見せてもらい、個室を希望してきました。
病室は、差額無し(テレビ、プレステ(貸し出しで1日各500円)、冷蔵庫無し)と、
差額5000円(テレビ、プレステ、冷蔵庫有り)と、
差額10000円(テレビ、プレステ、冷蔵庫、バス、トイレ有り)の個室があります。
他に子供がいなければ、差額無しが希望だけれど、
小さい子供がいて、他の方に迷惑がかかるといけないので、
何日間かは、個室で様子を見ようと思っています。

病院を出た後、旦那は、「お台場でも行く?」と呑気な事を言うのですが、
早起きな上に、昨夜あまり寝られなかったので、そのまま、帰る事にしました。
14時30分頃に埼玉県を出て、途中、何度か休憩をしながら、
22時前には帰って来る事が出来ました。
今回も、ずっと旦那が運転してくれたので、助かりました。
お疲れ様でした。

来週は、いよいよ入院・手術です。
入院の用意をしておかなければ・・・。

※今回から、小耳症の入院、手術は、『+microtia+』というカテゴリで書いていきます。
プライベートにかかわる事や金額などの細かい事は書けないかもしれませんが、
今後、手術を控えている方達の参考になれば、幸いです。

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »