« あお、初の発熱。 | トップページ | 小児科と耳鼻科。 »

2010年3月29日 (月)

あお、鼓膜切開。

今日は、朝一番に予約を取って、小児科へ。
あおの今朝の熱は、37.5度。
元気そうだし、連れて行かなくても大丈夫そうだけど、念のため連れて行きました。
きっと、突発性発疹とか言われて、簡単に終わるだろうと思っていたら、
血液検査の結果、白血球の数値が異常に高く、
何かの菌に感染しているとの事で、点滴を受ける事に。

これって、シンの時と全く同じ・・・。
たぶん、中耳炎になっているのだろうと思い、
小児科の後に耳鼻科へ行こうと思ったので、
今の時期、ものすごく混んでいるであろう耳鼻科に順番を取りに行きたかったので、
点滴の準備の間に、順番を取りに行きたい事を伝えたのですが、
小児科の先生は、肺炎や髄膜炎などを心配しないといけないから、
とりあえず先に点滴と・・・。
意思の疎通出来ず。
レントゲンを撮った後に点滴をしてもらっていると、
仕事を抜けて旦那が来てくれたので、
旦那に耳鼻科の順番を取ってもらいに行ってもらいました。

点滴が終わった後、レントゲンを見て先生から説明を受け、
「肺に影がある。」と言うものの、「気管支炎になりかけているかもしれない。」とか、
ぜんぜん咳も出ていないし、言う事が変わっていったりして、「?」だったのですが、
とりあえず、また明日受診する事に。
この後、耳鼻科へ行く事を告げると、また鼓膜切開反対の説明。
「もう、シンの時に嫌っていう程聞きました。」と言いたい気持ちを抑えながら、
長い説明を聞いた後、耳鼻科へ。

両耳を見てもらうと、やっぱり鼓膜に膿が溜まり、パンパンに腫れていました。
なので、両耳鼓膜切開。
新しくレーザーの機械が入っていて、鼓膜に穴を開ける所を見せてもらいました。

シンが初めて中耳炎になった時は、オロオロしたし、
わからない事だらけで不安だったのですが、今回は冷静でした。
確か生後11ヶ月くらいに中耳炎になってしまったシン。
その後、約1年ほど耳鼻科通いでした。
何度も鼓膜切開されて、これからどうなるのかと、不安な日々でした。
鼓膜切開反対の小児科の先生の言葉にも、迷い、悩みました。
でも、今年3歳になるシンは、最後に中耳炎で鼓膜切開してから、
この約1年4ヶ月、中耳炎になっていないし、
あおも、時期が来たら完治すると信じて、しばらく通院を頑張ろうと思います。

まだ生後9ヶ月のあお。
今日は、採血され、点滴され、押さえつけられて鼓膜切開され、とても可哀想でした。
中耳炎を繰り返さないのが一番いいのですが、どうなることやら・・・。

|

« あお、初の発熱。 | トップページ | 小児科と耳鼻科。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あお、初の発熱。 | トップページ | 小児科と耳鼻科。 »