« 三重県へ。 | トップページ | 入院生活。 »

2009年5月 4日 (月)

大量出血で入院。

朝6時頃、何となく目が覚めて、パジャマのズボンを触ると、濡れてる感じがあり、
「あれ?」と思って、布団のシーツを見ると血が付いていました。
「出血してる!」と旦那を起こし、ベッドから降りると、大量に流れ出る感じがあり、
トイレに行くと、下着もパジャマのズボンも血でボトボトになっていました。
「もう赤ちゃん、ダメなのかも・・・」と絶望的な気持ちになりながら、
すぐに着替え、夜用の生理用ナプキンをあて、病院へ電話。
すぐに来てくださいとの事で、まだ寝ていた子供達を起こし、
着替えもさせずに、病院へ。

すぐ診察してもらったのですが、出血と羊水の反応もあり、破水したようでした。
出産の準備(剃毛)をしてもらい、
LDRで抗生剤の点滴とお腹の赤ちゃんのモニターを取る事に。
お腹の赤ちゃんはすごく元気で、軽くお腹の張りはあるものの、
陣痛につながりそうにないので、一旦病室へ行く事になりました。

病院に着いて、落ち着いたので、旦那と子供達には一度帰ってもらい、
入院の準備を持って来てもらうようにお願いしました。
不安なので、今日仕事だった旦那には休んでもらい、
子供達と一緒にずっと病室にいてもらいました。

4人目妊娠という事と、病院が出来て、
割とすぐの頃から診てもらっているからか、
顔見知りの看護師さん達が、次々と様子を見に来てくれました。

その後もモニターを取るものの、軽く張りがある程度で陣痛は来そうになく、
出血も止まりつつあり、羊水が流れ出る感じもありませんでした。
とりあえず、このまま入院なので、夕方に旦那と子供達は帰りました。

血だらけの下着やズボンを見た時は、本当にパニックになりましたが、
病院にいると、何かあっても処置してもらえる安心感からか、
気持ち的にはかなり落ち着く事が出来ました。

|

« 三重県へ。 | トップページ | 入院生活。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重県へ。 | トップページ | 入院生活。 »