« +今日のご飯+ | トップページ | +今日のご飯+ »

2009年2月 5日 (木)

耳の事。

今日は、小学校の体験入学の日で、
迎える側のののも、迎えられる側のタクも、
体験入学を楽しみにそれぞれ学校と幼稚園へ行きましたschool

その後、掃除機をかけていて、家の電話を見ると学校から着信が入っていました。
「ののが体調悪くなったのかなぁ?」とか、
「タクに何かあったのかなぁ?」と気になったので、
すぐかけ直したのですが、事務室の人も保健室の先生も心当たりが無く、
一旦電話を切って、気になりながら掃除をしていると、
担任の先生から電話がかかってきました。
「昨日の事なんですが・・・。」と切り出されても、ののから何も聞いていなかったので、
先生から説明を聞いたのですが、また小耳症の耳の事でした。

ののが帰ってきてから話を聞くと、
昨日の帰りに、同じクラスの男の子が、ののに「耳を見せろ。」と言って、
無理矢理髪の毛をすくい上げ、小耳症の耳を見て、
「耳の中が無い。」と言い出し、今度は同じクラスの女の子が、
「耳が接着剤でくっついている。」と廊下で大声で言われたとの事でした。
ののは、「違う。」と説明したけど、わかってくれなかったらしく、
仕方なく担任の先生に言いに行って、
今朝、ののとその2人を呼んで、話し合いをしたとの事でした。
先生からも、からかった2人は反省していたと聞いたし、
ののも謝ってもらえたので納得したとの事。

朝の先生からの電話では、ののが耳の事で嫌な事を言われたとしか聞いていなくて、
実際、ののから話を聞いてみると、思ったよりちょっとひどかったので、
ののが可哀相で、悲しくなりました。
でも、ののは「もう謝ってもらったから。」と言うし、
学校でそんな事があった事すら言わないののに、強いなと思う反面、
それだけ自分自身の中で我慢しているのかなと思うと、切なくなりました。

子供が大きくなるにつれて、耳の事も言われ方が酷くなってきているようです。
でも、こればかりは、どうしてやる事も出来ず、
家でフォローしてあげる事しか出来ません。
きっと、これだけ嫌な思いをしても、泣き言も言わず、頑張っているので、
ののは強く優しい子に育ってくれるだろうと思います。
これからも、そんなののを、親の私は見習い、守っていきたいです。

|

« +今日のご飯+ | トップページ | +今日のご飯+ »

コメント

前に一度コメントしたかなー?してないかも?こんにちは。
ののちゃん大人ですね。
そんなことお友達に言われたら結構ショックですよね。
私は2歳の時に出来た横一文字で長さ2cmほどの傷が、鼻の付け根(目と目の間)にあるので、30を過ぎた今でも時々「それって傷?」と遠慮気味に聞かれます。
小学校の時にからかわれたことも何度かありますよ。
大人になってもからかわれたことは覚えてますし、今も(あぁ目立つんだな)と言われるたびに少し傷つきますが、自分は物心ついた時からそこに傷がある顔しか知らないので、言われたところでどうしようもない。
子供の頃から(あーまたか、はいはい・・・)と聞き流してました。
ののちゃんはあの頃の私と同じような気持ちなのかなぁって思いました。
私の場合は傷なので、一緒にしちゃって失礼かもしれませんが。
私も意地悪言われてもいちいち親に言いませんでした。
以前耳の形成手術を迷ってましたよね?
ののちゃんとよくお話されてののちゃんにとっていい方向になるのをお祈りしてます。
私は今の縫合技術だったら、もうちょっと目立たない綺麗な傷だっただろうなぁと時々思いますので。
ののちゃんだったらそのままでも全然大丈夫そうですね。
強いなぁって感心します。

投稿: みぽぽん | 2009年2月 6日 (金) 17時19分

みぽぽんさん、こんばんは♪
初めましてですねcoldsweats01
コメント、ありがとうございました。

ご自身の事を書いていただき、ありがとうございます。
みぽぽんさんのお話を読んで、少しののの気持ちがわかったような気がしました。
そして、きっと、みぽぽんさんもたくさん傷つき、たくさん辛い思いをされたかと思いますが、
その分、人に優しく強い方なのでは・・・とも思いました。
みぽぽんさんの親御さんのお気持ちも、わかるような気がします。

今のところ、形成手術を受ける方向で考えていますが、
胸を切り、頭皮も切るので、その痛みを考えると親としては心苦しいです。
それに、耳の形を作ったとしても、耳の穴までは作れないので、
結局、穴の無い耳のままなんです。
そこも、悩みの一つなのですが・・・。
でも、親がくよくよ考えてもしょうがないので、
手術までの後2年、ののとよく相談して決めていけたら・・・と思っています。

みぽぽんさんのコメント、明日ののに読んであげようと思います。
本当にありがとうございます。

そして、これから、もしまた誰かに、みぽぽんさんのお顔の傷の事に触れられても、
みぽぽんさんの心が傷つかないように願うばかりです。

投稿: まゆ | 2009年2月 6日 (金) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« +今日のご飯+ | トップページ | +今日のご飯+ »