« 作品展。 | トップページ | 発熱続く。 »

2008年9月 6日 (土)

発熱と耳だれ。

夜中、ぐずり出したシン。
体が熱く、熱を測ると38度ありました。
それから、寝苦しいのか、何度もぐずぐずと起きては泣き、
その都度、背中トントン。
鼻水も出ているし、中耳炎になってしまったのかな・・・と思っていたのですが、
朝起きて、耳を見るとやっぱり左耳から耳だれが出ていましたdespair
ちょうど耳鼻科を受診する日だったので、病院へ。
仲良しのママさんもいて、話をしていたのですが、
「熱がある」と言ったのを、看護師さんが聞いていて、
「シン君、一度お熱測ってもらえます?いつもより、ぐったりしてますよね。」
と言われ、熱を測ると38.6度まで上がっていました。
熱が高いので、優先で診察室へ。
結局、右耳も鼓膜切開。
「中耳炎でも熱は出るけれど、喉も赤いし、風邪が流行っているので、
小児科でも診てもらった方がよいでしょう。」と言われたので、
切開の麻酔待ちの時に、小児科に電話をして予約を入れました。

10日程前にも耳だれが出て、鼓膜切開したし、
何度も切開するのも可哀相だし、先日チューブの話も出ていたので、
今日はこちらからチューブの事を聞いてみると、
今、病院では鼓膜切開かチューブの二つの治療しか無かったのが、
レーザーでの治療が可能になるそう。
レーザーだと、鼓膜に丸く穴を開けるのですが、
これだと、2、3週間は鼓膜に穴が開いたままになるので、
鼓膜切開とチューブの間の治療になるとの事。
チューブだと手術になるし、コスト的な負担も大きいので、
今回のシンの治療は、切開にしておいて、
このまま炎症がおさまれば問題無いのですが、
また炎症が起きた時に、レーザーの機械が届いていたら、
レーザー治療にしましょうとの事でした。

毎回鼓膜切開も可哀相だったし、チューブにした方がいいと思いながら、
チューブを外した後、鼓膜が閉じなかったら・・・という不安もあったので、
このレーザー治療は、私的には最適な治療法なのでは・・・と思っています。
このまま、中耳炎を繰り返す事無く、治ってくれるのが一番なんですが。

耳鼻科の後は、小児科へ。
血液検査もされ、特に問題も無く、風邪でしょうとの事。
中耳炎の事であれこれ質問されたので、答えていたのですが、
耳だれが出る事や、何度も切開している事、抗生物質を飲む事について、
延々と説明されました。
前だったら、不安になっていたのですが、
気にしてたらキリが無いので、耳の事は専門家を信じて、
それ以外は、小児科の先生を信用して、何とか乗り切っていきたいと思います。

先生同士、意見を一致させてくれるのが一番いいんですけどねぇ。

熱が高いのと、まだ突発性発疹をやっていないので、
この風邪は突発性かもしれません。
明後日あたり、発疹出るかなぁsign02

発熱や鼻水でしんどいのか、究極にぐずぐずなシン。
こんなにぐずる姿は初めてかも。
早く良くなって、元気なシンに戻って欲しいです。

|

« 作品展。 | トップページ | 発熱続く。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品展。 | トップページ | 発熱続く。 »